面皰って悪いことだけじゃない、良いこともあるんだ。

小学校の時は面皰なんてものはなかったですけど、中学生2年生くらいの時になって、思春期になっていよいよ面皰のことを分かるようになりました。

その時は顔付きに異物ができて、自分だけがオモシロ顔付きだと思っていました。
悪癖もその時に対していたので、全身バランスが崩れていたのだと思います。

但し、オモシロ癖がついていたことによって、そういうことが見つかるんだという実感していますし、それが現下にとりまして一段と良いものになっていることも思い切りわかります。

面皰は心から思春期のシンボルだ。現下思えば、面皰なんていうものは顔付きに多少は悪癖があればまた適うけど、ほとんどありません。

わずかは面皰は思春期という良い意味での信号だったのです。写真を撮れば当然のことながらその顔付きは残りますが、それも懐かしきことです。

全てが記憶です。面皰に関しまして語るなら、面皰が現下できていないのは、生活習慣がよくなったと思います。

往時、生活習慣が悪くてできたものは現下できないのは、生活習慣がうまくいっていると練るからです。

まさに顔付きに面皰ができなくなっただけではなく、心のサイクル、案件、なにもかもうまくなってある気がします。
面皰ができていることはいいことです。www.timetowerlv.com